飲食店 税理士 費用

税理士とは?

税理士は納税者に依頼を受けることで、税務代理を行う職業ですが、申告や申請を税務署に対して行い、依頼をこなすことで依頼者から費用をいただきます。
会社を経営している人は、法人税を納めなければいけませんが、自主納税となっているため、自ら計算して納税することが大変なので税理士に依頼することが多くあるのです。

経営者が曖昧な申告を行った時、税務署は会計帳簿や証拠書類の調査を行ってきますが、これがいわゆる税務調査といわれるものです。
この税務調査の時に、納税者と同行して説明するのが税理士で、税務署の担当官との話し合いをスムーズに進めてくれるため、経営者は税理を雇った方が良いのです。

税理士に掛かる費用とは?

税理士を利用することによって発生する費用には、経理代行費用や税務申告費用、決算申告費用などがあり、税理士や経営規模によって違うことがあります。
経理代行費用には、初期設定導入費用や経理代行基本報酬費用、これにオプション費用がプラスされます。
オプション費用には、領収書整理・元帳作成管理・製造原価報告書作成・予算実績報告書・月次連結財務表などがあります。

税務申告費用は、月額顧問料に加え、記帳代行費用が必要となり、決算申告費用は、消費税の税務申告に掛かる費用や、法人税や地方税の申告に掛かる費用があります。
飲食店を経営していく上で必要となる費用は、こうして紹介してきた位の費用になります。

飲食店を経営するだけでも大変ですが、こうした税金に関することも行うのは、精神的や肉体的にも余裕が無いと行えませんので、無理せず税理士を探して利用したほうが良いのです。
今現在、顧問税理士をお探しの人は、費用が安くても、税務業務がしっかりこなせない税理を利用するのは、経営にも影響してきますので、費用の安さだけで選ぶのはやめましょう。
税務署とも上手く付き合っていかなければいけませんので、まずは良い税理士を見つけるところから頑張ってみましょう。

飲食店 税理士 相場

税理士に掛かる費用の相場とは?

飲食店を経営している人は、税理士がいないと申告漏れや税務調査に対応できないことがありますので、税理士を利用したほうが良いのですが、そこで気になるのが費用でしょう。
税理士に掛かる費用は、お店の売上げによって違いますが、一般的な費用の相場として、売上げが1000万円未満の個人経営者では確定申告で約10万円となり、顧問税理士には月額約1万円を払います。
1000万円以上3000万円未満では、月額顧問料が約1万5千円で、確定申告に掛かる費用が約12万円となります。

これに訪問料がプラスされることがありますが、訪問が実施されない月は費用を払わなくても良いため少し安くなります。
飲食店の規模や売り上げなどによって、費用は左右されますが、これ位の費用で全てを引き受けてくれるのであれば、それほど高いとは感じないでしょう。
申告漏れのミスがあってからでは手遅れなので、最初から税理士を利用してミスを未然に防いだほうが良いのではないでしょうか。

税理士の業務内容の書類作成とは?

税理士が行う業務に、税務書類の作成がありますが、これは税務署に対して申告書や申請書、請求書などを提出するときに必要となる書類を作成することです。
主な作成書類には、各種確定申告書・中間申告書・決算申告書・年末調整申告書などがあり、これらは年次業務として作成しています。
月次業務として行うのは、伝票整理・総勘定元帳・残高試算表の作成・給与計算・源泉所得税納付書などの作成を行っています。

こうした業務を行う税理士ですが、独立開業する税理士がおり、沢山の顧問を持つことによって満足した収入が得られると言われています。
また税理士という職業は、安定的と思われがちですが、1度ミスをすると顧問となっている飲食店などとの信頼関係が崩れ、仕事が無くなってしまうこともあります。
だから税理士は必死になって業務を行ってくれますので、依頼する人にとっては有り難いことといえるでしょう。

飲食店 税理士 必要

飲食店を経営していく時には税理士が必要

飲食店を経営していくには、税理士が必要となり、税務署に申告する場合の、申告漏れという失敗を防ぐことができますし、従業員の給与計算や伝票処理などの、手間がかかる業務を行ってくれるからです。
また税金に関することや税務署への対応などもサポートしてくれますし、税務に関わることで分からなことがあったら相談にのって解決してくれますので、飲食店の経営には税理士が必要となります。
それに節税対策を行ってくれる税理士もいますので、節税したい時にいつでも相談することができ、安定した経営を続けていくことも可能となるでしょう。

そして税理士を味方につけることで、不正を防ぐことができ、税務調査が入った時でも安心していられますので、真面目で役に立つ税理士が必要となります。
ただ代わりに書類作成や税務処理を行ってもらうだけではなく、飲食店の経営者は税理士の仕事を覚えておくと良いので、勉強するという意味でも必要となるでしょう。
このように必要となる税理士ですが、税理士も仕事をしないと生活していけませんので、お互いに必要とする関係を築いていくと良いでしょう。

得意分野がはっきりしている税理士が必要

税理士は様々な業務内容をこなしている職業ですが、得意分野を持っている税理士もおり、全ての業務を完璧にこなす税理士が1番良いのですが、完璧にこなす税理士は中々見つけられません。
だから1つだけ特化した得意分野があって、他の業務は普通にこなせる税理士が良く、これから飲食店を開業する人は、開業に詳しい税理士が良いでしょう。
確定申告を重要視したい経営者は、確定申告に特化した税理士を探せば良いということです。

税理士を利用する前に、得意分野があるのかを聞いておくことで、経営が上手くいくかを決めるとも言われていますので、はっきりした得意分野がある税理士からあたってみましょう。
そして飲食店の経営を成功させてください。

飲食店 税金

税理士を選ぶのは経営者です

外食産業はあまり不況の影響を受けていないように思えますが、飲食店の中には経営状態が良いところもあり、それだけ税務処理の方でも忙しくなっています。
そして飲食店を経営している人で、税務処理まで手が回らないという人は、税理士を利用することで税務処理にかかる時間や手間が省け、本業にだけ力を入れて集中することができます。
税理士は費用を払って雇いますので、飲食店の経営者がお客様になるのですが、税理士と接する時に、あまり上から目線でものを言うと、関係が悪くなって信頼関係が築けなくなってしまいます。

だから税理士と接する時は、対等の立場にしておくのが良く、お互いに相談や提案を言い易くもなるからです。
しかし自分の意見を強引に通そうとする税理士なら、契約を打ち切りにして他の税理士を探せば良いでしょう。
費用を払っているのは経営者ですから、税理士を選ぶのも経営者ということになりますので、良い税理士が見つかるまで選べば良いのです。

飲食店を経営している時の税金とは?

飲食店を経営していることで、様々な税金が掛かってきますが、特別な税金が掛かるわけではありませんので、税理士を雇っておくと、より安心して飲食店を経営していくことができるでしょう。
法人の飲食店の税金は、利益が発生したことに対して掛かってくる、法人税や法人事業税、法人住民税があります。

個人事業の税金は、所得税と住民税、それに個人事業税となっており、これらの税金は課税所得金額に対しての税率によって変わってくるのです。
他には定められた期間の課税売上高が、1千万円を超えることで消費税が掛かり、固定資産税は不動産を所有していることで掛かってきます。

こうした税金は必ず払わなければいけませんが、所得によって払う税額が変わってきますので、ミスを防ぐためにも税理士を利用したほうが良いでしょう。
また少しでも税金のことを知っておいた方が安心して経営できるでしょう。

飲食店 税金対策

飲食店を経営している人の税金対策とは?

飲食店を経営している人としては、売上げが多ければ多いほど嬉しいのですが、税金を納めなければいけませんので、売上げの全てが収入になるわけではないのです。
そして税金を納めるのは大変なことで、様々な書類を作成したり納める税金額も細かく算出しなければいけませんので、税理士を雇った方がスムーズに申告できるから良いでしょう。

また飲食店を経営している人が、税金対策をとるのは普通のことですが、税金対策として多く行われているのは、経費を上手く利用した税金対策です。
経費という言葉をよく耳にすると思われますが、何でもかんでも経費で落とす事はできず、税務調査が入った時に不正が発覚すれば追徴課税されることもありますので、税金対策も慎重に行う必要があります。
税金対策というのは、税法で定められている規定や条件を知っておき、税法に基づいた税金の負担を減らすものですので、脱税行為にならないためにも、正しい税金対策をとってください。

税理士の役割や使命とは?

税理士は経営者に代わって、青色申告や確定申告などに必要な書類を作成し承認申請する役割や、経営者との税務調査の立会い、税務署が下したことに不服がある場合の申し立てをします。
それに社会的使命は、税務署や納税者と公平な立場に立ち、国への働きかけもしているのです。
それと職務上で知った秘密を守り、依頼者と信頼を築くことに心がけています。

税理士は国家資格が必要

税理士は税理士法で定められている国家資格となっており、税理士試験は毎年8月に行われ、3日間にわたる筆記試験となっています。
また1科目ずつ受験しても良い科目合格制度を採用していますので、1科目ずつ受ける時は5科目分として5回試験を受けることになります。
そして税理士試験の合格発表は12月に行われ、5科目合格したときに初めて有資格者となり、日本税理士会連合会の名簿に登録されるのです。

飲食店 税金 売り上げ

売上げによって変わる飲食店の税金

飲食店を個人で経営している人や法人として経営している企業は、売り上げによって税金を払わなければいけない場合があり、基準として定められている期間内の売り上げが1千万円を超えた場合です。
また売り上げが増えるほど課税所得額が増えるのですが、この課税所得額が増えることによって納める税金も増え、個人事業の場合は課税所得額に10パーセントをかけた税金額を納めるのです。
そして所得とは、売り上げから必要経費を引いたもので、この所得にかかるのが所得税ですが、所得にいきなり税金が掛かるわけではなく、所得から控除を引いたものに掛かってきます。

だからといって売り上げを下げれば経営状態が悪い方へと進んでしまうため、税理士を雇って経営している飲食店の税金を算出してもらい、少しでも良い方法を提案してもらうと良いでしょう。
売り上げが増えて納める税金が増えたとしても、税理士は節税対策や税金対策を提案してくれますので、少し費用は掛かりますが、税理士を雇ってみてはいかがでしょうか。

飲食店の税務処理や税金対策などを行う補助税理士や開業税理士とは?

開業税理士とは、通常の税理士業務を行うのですが、税務処理などを委託する依頼者から、直接業務を受けなければいけません。
また他の税理士事務所などで、補助税理士として業務を行うことができないのです。

補助税理士は、補助税理士としての登録を受けなければ、業務を行うことができません。
それに依頼者から直接業務を受けることができず、税理士事務所が依頼された業務なら行うことができます。
社員税理士は、事務所に社員として働く税理士のことを言い、こちらも登録を受けなければ行うことができないのです。

このような税理士なら、誰でも税務処理などを行ってくれますので、税務処理などが複雑な飲食店を経営している人は、委託したほうが良いでしょう。
税理士を探すときは慎重に行うことを心がけてください。

飲食店 税金申告

飲食店を経営している人は税金申告が必要

税金に関することは、税理士に任せた方が良く、経理や帳簿などの慣れていないことを行わなければいけないからですが、飲食店を開業して経営している人にも同じことがいえます。
特に税金を申告する確定申告が難しいとされており、この確定申告を行ってミスをすると、税務署の税務調査が入って追徴課税を課せられますので、その前に税理士に委託しておいた方が良いのです。

開業している人は、サラリーマンと違い、サラリーマンは会社で貰う給料から所得税が毎月引かれ、多く徴収された時は年末調整として戻ってきます。
しかし飲食店を経営している人は、税務署からこれ位の税金を払わなければいけません、というような通知が来るわけではなく、自分で税務署に払う税金を、自分で計算して納めなければいけません。
こうして自分の所得や税金を確定して納めることが確定申告なのです。

このような税金申告をする確定申告は、税率や控除額、課税所得や経費などを把握しておかなければいけません。
それに確定申告には書類も必要となりますので、書類の作成方法も知っておく必要があります。
とても複雑ですので、費用を払って税理士を雇う価値は十分あるのです。

確定申告を行う期限を間違えないように!

飲食店を経営していると、店の営業の方に力を入れてしまいがちですが、税金に関することも行わなければいけませんので、経営している人は経営やら税金やらで大変でしょう。
飲食店を開業している時に、年1回で必ず行わなければいけないのが確定申告で、所得税の確定申告は毎年3月15日が期限になっており、消費税に場合は3月31日になっています。
この期限が過ぎても申告が確認されない時は、申告漏れとして罰が下りますので気を付けてほしいのですが、税理士に任せておけば申告漏れが起きることはないでしょう。

申告漏れを起こしたことがある人や、自信が無いのに自分で申告している人は、税理士を雇った方が良いのではないでしょうか。

飲食店 税金 サービス料

税理士を雇う時のサービス料とは?

税理士を雇う時は、経営している店の税務処理や書類作成などの業務を依頼する時ですが、この税理士を雇う時に掛かる費用は税理士によって違いがあり、サービス料が安くても優秀とは言えません。
またサービス料はプランなどによって分けられており、セットにしたプランがあれば、単体を好きなように組み合わせて作れるプランもあり、セットにまとめたほうがサービス料が安くなることもあります。
だから税理士を雇う時は、サービス料も気にしておいたほうが良いでしょう。

飲食店のサービス料

飲食店でも消費税の総額表示を義務付けられましたので、商品価格と消費税を表示しなければいけませんが、飲食店によってはサービス料というものがあります。
サービス料も消費税や商品価格と一緒に表示するのかと思う人もいるでしょうが、義務付けられている消費税総額表示は総額なので、消費税だけではなく、本来ならサービス料も表示しなくてはいけません。
しかし店頭においてのメニュー表示では、サービス料を別途頂戴いたします、という表示をしなければいけないのですが、食事を終えたレシートでは総額表示の対象とならないのです。

監査法人系の税理士法人や独立系の税理士法人とは?

監査法人系の税理士法人とは、主に上場企業や外資系企業の顧客を持ちますが、上場企業や外資系企業は申告書の作成を外に発注することはありません。
しかし企業内にある経理で申告書を作成しますが、作成された申告書の原案を税理士に見せて説明し、税理士からアドバイスを受けるのです。
だから監査法人系の税理士法人の事務所では、申告書を作成することがないのです。

独立系の税理士法人は、個人で開業した税理士事務所の規模が大きくなったものですが、税理士同士が共同で始めた事務所や税理事務所を買収して規模を大きくした事務所もあります。
業務は顧客担当制になっている場合が多くあり、飲食店を経営している人のような個人事業者を顧客に持って担当してくれます。

飲食店 税金 消費税

飲食店が納める税金の消費税について

飲食店が納めることもある税金に消費税があり、企業の場合は決められた期間内の売上げが1千万を超えた時に消費税がかかりますが、これは勘違いされることがありますが、所得に応じてではありません。
課税売上と課税仕入れの差額によって、納める税額が変わってきますが、経営している飲食店の黒字や赤字に関係無く、売り上げが1千万円を超えていれば消費税はかかるのです。
飲食店を個人で経営している場合も、同じような条件で消費税はかかってきますので、特に赤字経営になっているところは気を付けた方が良いのです。

免税となる飲食店を経営者は良いのですが、免税にならない経営者は申告しなければいけませんので、申告漏れには注意が必要です。
このような消費税に関することは、税理士に任せた方が良いですし、自分も覚えたいという人は税理士にアドバイスを受けながら、自分で計算や書類作成を行うのも良いと思われます。
しかしミスは許されませんので、税理士に任せる方がおすすめといえます。

消費税増税に伴った飲食店の対応策

消費税が増税されたことによって、飲食店を経営している人は悩まされていると思われますが、消費者としては増税されたことで外食を減らす人が増えているので、経営が苦しくなることもあるでしょう。
だから飲食店は何らかの対応策を行った方が良く、消費税が増税された分だけ料理などの質や量を落とすのは止めて、店内に価格表示を変えると良いでしょう。
飲食店の多くは税込み価格の表示がされているのですが、これを税抜価格にすることで、消費者に高くないと思わせることができ、沢山注文してもらいやすくなるからです。

また増税に伴って、義務付けられていた消費税込の総額表示が、消費税込と誤認されないのであれば税抜き価格でも良いことになりましたので、このような対応策を行えるようになったのです。
店は勿論のこと、従業員のためにも対応策を明確にした方が働きやすくて良いでしょう。

飲食店 経費 税金

経費や税金に関しては難しい

飲食店を経営している人には、個人の人もいれば共同で経営している人もいますが、経営することによって税金や経費を計算しなければいけませんし、確定申告も行わなければいけません。
経営者が全てできれば良いのですが、経営者のほとんどは税理士に任せており、税金や申告などのプロフェッショナルなので、安心して任せることができ、業務もしっかりこなしてくれます。

経費や税金について簡単に説明しますと、経費と税金には密接な関係があり、よく経費で落とすと聞きますが、これは必要な経費とすることで納める税金を少なくすることができます。
必要経費になることで控除対象に該当するからです。
しかし税金を減らそうとするあまり、何でも経費にしてしまうと痛い目にあうこともありますので、どのような経費が認められるのかを税理士に相談すると良いでしょう。

経費になるものとは?

税理に相談すると経費について詳しく教えてもらえますが、ここでは経費について簡単に説明します。
原則として経費と認められるのは、売り上げを向上させるために直接的に必要となるものです。
とは言っても、きわどいものを判断するのは難しいことで、素人が勝手に判断してしまうと取り返しのつかないことになる可能性もありますので、税理士に早めに相談するようにしましょう。

経費で落とせそうなもの

経費で落とせそうなものには、接待による食事代や残業による食事代、書籍や新聞などがあり、駐車場を必要とする飲食店は、駐車場も経費で落とせることもあります。
また貸店舗を利用している場合は家賃を落とせますし、飲食店で沢山使用する電気代も経費で落とせることがあるのです。
そして個人事業であれば交際費も経費で落とすことができ、特に金額の制限がありませんが、法人で資本金が1億円以下の中小企業は制限があります。

経費は経営していく上で重要な味方となりますので、正しい経費のことを知ってこれからも付き合っていきましょう。