飲食店で税理士を選ぶポイント

税理士って何?

税理士とは税務の専門家であり、納税者から仕事の依頼を受けることによって、税金に関する業務を行います。 主に申告の代理や書類作成を行い、税金を詳しく知りたい人の相談を受けることもあり、企業の法人税や所得税、それに住民税の処理や相続税の対策なども行うのです。 こうした業務は税理士法の第2条で定められており、依頼者の要求に応じて、税務代理・税務書類の作成・税務相談を行うことと決められています。

また税理士は日本国内に約7万人位いると言われていますが、申告業務を行うだけの税理士は減少傾向にあり、全ての業務をこなせる専門性を持った税理士が増えているのです。 企業に税務調査が入った時には、税理士がいることで対応は大きく異なりますので、企業は優秀な税理士を雇っておくと良いのです。

飲食店を経営している人が税理士を選ぶ時のポイント

飲食店を経営している人や、これから経営しようとしている人は、税理士の選び方によって経営が左右されることもありますので、ポイントを知って良い税理士を見つけてください。 まず税理士を選ぶうえで重要となるのが、税理士試験5科目全てに合格していることです。 この試験を合格していることによって、優秀な税理士と言え、税理士になるための王道と言われているからです。

他には経営する飲食店から近いことで、いつでも合って相談できますし、特別料金などを取らない税理士も良いでしょう。 人として教養がしっかりなされている税理士を選ぶことで、上手く付き合っていくことができ、急な対応にも応じてくれますので、税務に関する業務以外のところで選ぶのもポイントです。 自分と年齢が近いことで、相談しやすく、親近感も沸きますし、料金が明確されていることによって、ある程度の請求額が計算できますので、雇う側としては安心できます。

また多くの提案をしてくれる人や、逆に提案を受け入れてくれる人も良く、経営していく上で良きパートナーでなければいけないからです。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

新着情報

飲食店で税理士をお探しの方へ

飲食店を得意としている税理士